nikki

アクセスカウンタ

zoom RSS Intel CPU ラインナップ

<<   作成日時 : 2006/03/18 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

↓このへんかな。

http://www.intel.co.jp/jp/products/processor/index.htm

今回、Core Duoとかいうのが追加されたらしいので、
調べてみた。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/Core%20Duo

2006年1月にインテルから発表されたノートパソコンまたはデスクトップ向けのデュアルコアCPUで、開発コードネームは「Yonah-DC(Yonah-2P)」。


石二つ分動くって寸法だ!!

http://www.express.nec.co.jp/products/intel/contents/article/article_31.html

んー、でもなんかCPUっていっぱいあって分かりにくいなあ。。。

とりあえず、

@デュアル・コア
Aハイパー・スレッディング

この二つが最近加わってきたよんていうことかな。。。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0303/kaigai161.htm

でもでも、以下には要注意!!

ただし、Celeron Dの“D”はデスクトップを意味するのに、Pentium Dの“D”はデュアルコアを意味するわけで、やや紛らわしい。

Pentium® D

http://ja.wikipedia.org/wiki/Pentium_D

1つのプロセッサのパッケージに2つのCPUコアを実装する、いわゆる「デュアルコア」のCPU。


↓ちょっとこのあたりがやらしいかな。

大きな違いは、Pentium XEではHyper-Threadingが有効になっているのに、Pentium DではHyper-Threadingは無効になっていることだ。Pentium XEは、2CPUコア×2way Hyper-Threadingで合計4スレッドを並列に走らせることができる。それに対してPentium Dは2CPUコアで2スレッドを並列に走らせる。Pentium XEの方が、「スレッドレベル並列性(TLP:Thread-Level Parallelism)」が高い。これまでより“Extreme Edition”系ブランドの優位性が明確になった。


ちょっと分かりにくいのは、

「Core DuoとPentiumDの違い」

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2006/01/06/024.html

乱暴な言い方だけど、

PentiumD→デスクトップ向け
CoreDuo→ノート向け

で捕らえておけばいいか。

CoreDuoは低電圧がなんとかを売りにしているから、
PentiumDとは鈍い感じがする。。。

デスクトップ:とにかくはやく
ノート:とにかく持ち運びやすく。

を基準に考えてます。。。

それで。↓とりあえず最強。
でもあんまりお目にかかれないという危険を伴う、諸刃の剣。

http://www.intel.co.jp/jp/products/processor/pentiumxe/index.htm

インテル® Pentium® プロセッサ
エクストリーム・エディション


http://mbsupport.dip.jp/af/pc.php?item=pentium4_ee

↓このへんがいかんのかな?

最新のFSB1066MHz Pentium 4 エクストリーム・エディション 3.46GHz/3.73GHzを搭載できるのは、925EXチップセットのマザーボードだけです。


このページであげられているもので、
比較的手に入れやすいのは↓この辺りかな。。。

Endeavor MT8800
Endeavor Pro3300
Dell Precision(TM) 380

やー、フォローするのも少し難しくなってきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Intel CPU ラインナップ nikki/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる