nikki

アクセスカウンタ

zoom RSS inetdとApache

<<   作成日時 : 2006/07/05 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Apacheには単独で起動させる場合と、inetd経由で接続させる場合と
二つ選択できるのね。

ttp://x68000.q-e-d.net/~68user/net/inetd-1.html

いろんなサーバがポートを見張るためだけに起動されていると、メモリは喰うし CPU パワーも必要だし、いいことはありません。これを避けるために、一つのプロセスでいろんなポートを見張っていて、クライアントからの通信が来た場合に初めてサーバを実行してくれる便利な仕組みがあります。


inetd を使った場合はコネクションが終了すると、サーバプロセスも終了してしまいます。上の例でも、ftpd はコネクションを切ると終了していましたよね?

ところが頻繁にアクセスがあるサーバの場合、inetd によるサーバの実行/終了に時間がかかり、反応速度が遅くなってしまいます。「メモリを取るか、実行速度を取るか」と考えた場合、sendmail や httpd は実行速度を重要視して、素早く反応できるようにしてあるのです


inetd経由の場合は、メモリは使わないけど、実行速度がのろい。
単独で走らせておけば、メモリは使うけど、実行速度ははやい。

ttp://cise.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/networking/apache.html
ttp://cise.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/linux/?Apache%202

もし単独で走らせていれば、inetdとかxinetdを再起動させても大丈夫かな。。。

/etc/rc.d/init.d/xinetd restart

ttp://www.mediaweb.biz/database/modules/database/article.php?articleid=28

inetdまたはxinetdはinetd.conf(xinetd.conf)に記述されていることを参照して、プロトコルの着信を監視し、それぞれのプロトコルのを処理するサーバプログラムを起動するシステム。いわゆる、各種サーバを管理するサービスを行っています。必要があれば、サーバへの接続許可やクライアントの接続要求を許可するなどのサービス設定変更を行います。ixinetdはinetdの機能拡張版であり、Red Hat Linuxではディストリビュートバージョン7になってから,inetdではなくXinetdが採用されるようになりました。またXinetdであれば,ドメイン,IPアドレス,時間帯など,従来まではTCP Wrapperでアクセス制限を行っていたものをカバーした設定が可能になります。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
inetdとApache nikki/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる